2008年09月24日

スフィンクス@go-gaga-over

go-gaga-over
Blog
すうさんの作品を独断と偏見で撮りまくった
ヒユサキカメラ(スペックはアドエスさんです)画像。
2008/9/16 -2008/9/21
The Artcomplex Center of Tokyo主催 NYコンペ
『Artcompe X』The Artcomplex Center of Tokyo 2FACT1,2,4
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。これはなにか」

作品タイトル、何か判ります??
スフィンクスの問いに答えなきゃ…ネ。
まだ成長するらしいので次も楽しみ!
すうさんの作品はかっこ良くて大好きです★

横から。高い位置にあるので見下ろされています…!

後ろ姿がセクシィ〜〜〜〜〜〜

胸の中には光り物。すうさんの作品はここで命宿りますね☆

背中。もーーーカッチョイイ!!!!!!!!
たてがみとかが追加されるらしいので楽しみですよーーー

11/9だったかなぁナショヲナルってバンドのライブで作品がステージで
見れるとの事でこれも行けそうなら見に行きたいなぁと思ってますよ。
昭和っぽいとか私好きそうってことなので。
気になる方はググってみてくださいまし。

あと年に1、2度くらい名古屋で展示もしてるのでチェックしたらいいですよ。
都内だとDFやGEISAIとかたまに個展とか。
エジプト神話系好きな人はツボるかも。
なんともう10年来のおつきあいです。嬉しいなぁ〜〜〜!
こんな素敵な作品創る方と繋がっていられるのって。
やっぱすんごい好きなんですよね。

声掛けて良かったなぁ〜〜〜〜て思うわ〜。

20日はレセプションがあってゆるーくお話ししながら全体を見て来ました。
しかし圧倒的な存在感だったなぁ。
他にも素敵な展示も沢山ありました!!!
あと再び出逢った「魔法の鐘」ポストカードを買いました。
チェコアニメ作品でめちゃんこ可愛い鐘なのです!
『魔法の鐘』(1998/カラー/スタンダード/15分30秒)
魔法の鐘 原案・脚本・編集・監督:アウレル・クリムト 美術:マルティン・ヴェリーシェク 
アニメーション:アウレル・クリムト、カレル・コス 撮影:ズデニェク・ポスピーシル
音響:イジー・クレンカ 音楽:ミロスラフ・ヴァネク 演奏と歌:UZ JSME DOMAとC&K
プロデューサー:ヴォイチェフ・ベルナツキー 製作:FAMU、チェコテレビ、クラートキーフィルム・プラハ ナレーション:ユーリウス・サティンスキー
出演(声):イジー・ツェルハ、ズザナ・ハンスロヴァー、ヤン・クロス
山あいの小さな村には不思議な魔法の鐘があった。人々は鐘の音に合わせて唄い、幸せに暮らしていた。しかし、サーカスの団長や傭兵団がその鐘を盗もうとする。村の女の子と象は、野越え山越え、鐘の行方を追い求める。
◇レリーフの人形を使い、ミュージカル仕立てにしたユニークな一編。

上映があった所から抜粋。不思議な魔法の鐘さんはお顔も手もあるよ。

あとはシュヴァンクマイエルのアリスうさぎのポストカードを買ったよ。

しかし色々とレポ出来てなさ過ぎ。

同じカテゴリー(ニッキ)の記事画像
ねこねこ展
女子流のISMR行きました
新年鍋祭り(という名の女子会)
旅立ってるよう
絵が届きました。
KUMADE展
同じカテゴリー(ニッキ)の記事
 ねこねこ展 (2015-01-25 22:48)
 女子流のISMR行きました (2015-01-04 23:47)
 新年鍋祭り(という名の女子会) (2015-01-02 23:50)
 旅立ってるよう (2014-12-21 23:27)
 絵が届きました。 (2014-12-10 21:22)
 KUMADE展 (2014-12-06 16:00)
Posted by ヒユサキ アヅミ at 19:42│Comments(0)ニッキ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。