2014年11月07日

エロヒム×日比谷カタン・ツーマンライブ

エロヒム×日比谷カタン・ツーマンライブ
「管制塔より~プロテインを飲み
ヘルメットを装着し最後かもしれないワルツを踊れ」
@渋谷 ラストワルツ

へ行ってきましたー!


ちょっと今月金欠で悩んだんですけど
更に出費にはなるけど行くしかない決め手がありまして…



elohim「NIGHT SAFARI」ミニアルバムの先行発売!

内容も私がずっと音源化して欲しかった曲が・・・!!!
って事で行かざるを得ない訳でワクワク行ってきました♪

思い余ってやたら早く到着してしまった・・・!(いつも通り)
今回は一番乗りでしたが列なしてなかったので3番目入りでした。
まぁそれでも最前列確保したんですけれどね。(いつも通り)

並んでるときから有近さんファンの方とお話させて頂いてました。
(そして一緒に最前に)

そして劇団キラキラ社の頃の方がカメラマンでいらしてたり
ちょっと吃驚!いろんなことされてる方みたいで今日の写真も
どこかで見れたらいいなー。

日比谷カタンさんのライブは10年ちょっと前位に見たことがありまして
悩みつつ行こうって今回決めたときにサイト行ってみたのですが
がらっと変わってましたねぇ。すごいいっぱい色んな事されてる情報が。
動画は敢えて見ずに楽しみにしてました(^^)

独特な世界感とか声色に引き込まれますね。
1曲聞いたことあったかもしれないなぁって曲がありました。
フランス革命の頃の五反田(でしたっけ?)とか曲説明してるもの。
嗚呼なんかこの件(くだり)聞き覚えがあるわ~って。
アイドルグループな曲(ボイスチェンジャー使って)もよかったし
さだまさしさんへの新曲と言う(設定?)の曲も好みでしたん。
昭和かぶれな感じですね。
あとはヒット曲のメロディ詰め込みの曲が凄すぎて面白かったです。
圧倒される短いメロディが繋がれて行くもフェイクファーがひたすら
出てくる歌詞って言う。8割くらいは多分知ってたと思います。
(凄い曲数取り入れてました。時間も長めだとは思いましたが)
またこれも聞きたいですね~。

そしてelohimの番。今回アルバム曲とカヴァー以外はタイトルが
思い出せません・・・!セトリ・・・ぐぅ・・・・

1曲目~2曲目って流れで入った気が。ショートな感じがしたけど
そうでもなかったのかな??
「舞うよ舞うよ僕の目の前で~」って歌詞の曲。なんだっけ・・・
もどかしい思い出せない感。

珍しく今回は白系の衣装でしたね。いつも真っ黒(レースシャツとかの透け系)
とか多いのになぁーと意外な感じでしたわ。
そしてベルトのバングルが外れるトラブル×2。

あとはアルバム収録曲
「あなたを知らないほうがよかった」「Screamin'PeanutVender」
「真夏のゾンビ」「宝石を見詰める女」「LaVita」は順番は別としては
演奏されてました。リリース兼ねたツアーってことだったからでしょうけど。

「撮って撮って撮りまくれ」と日比谷カタンさんとのコラボで
「Space Oddity」を日本語と英語で歌い、ハモリ素敵でした!
いつもと違うのもいいですね(^^)

あとはタイトルやっぱ思い出せない(検索)「そして今は」
「愛の酸化」とカヴァーの「Paint It Black」が青春ソングって
言ってました。後者はItじゃなくてinになったタイトルが女子流が
松井さんのアルバム参加の曲名であるので発表されたときとか
ustで松井さんの趣味趣向をファンのみんながつぶやいてたなぁ
なんて事を「へ~」って見てたんですがブランクあってからの
ネット検索でelohimでもカヴァーで歌ってたから思いがけずに
そんなタイトル元ネタを聴くことになり今回は生では初めて聞きました。
って言う個人的なにやりがありましたw
愛の酸化の時だけエレキギター弾いてました。
前はもっと弾いてた気がしたけど選曲の関係かしら??
あとギターにイラストが!あれは・・・昔描いてもらうとか話してた
あの方のイラストなんでしょうか?聞けばよかったなー。

私の記憶が正しければ多分1曲2曲足らないか記憶違いで多いか位ですw
最後の曲が「La Vita」窪田晴男さんの作詞作曲の曲でした。

そしてプチ衝撃だった事実がずっと好きだった「真夏のゾンビ」
作曲が鶴来正基さんだったこと・・・!有近さんにしてはテイストが
少し違うなぁとは思ってたんですがなんかしっくりきました(笑)
そうそうゆう点でもCDで作詞作曲が明白になる、歌詞が分かるって
すごく大きくて私にとってはとても欲しい情報なんです・・・!
この曲もCDに収録されて一番嬉しかったんですがもう1曲嬉しいのが
「宝石を見詰める女」こちらも鶴来さん作曲、どちらも作詞は有近さんで
やはり収録されて嬉しい曲でした。
1曲目と5曲目は前回聞いたかなぁ??どうかなー?な割と初見に近いか
初見な曲でしたが耳慣れしたので多分1度は耳にしたんだと思われる。
前回はとにかくセトリがアウェイ感漂ってちょっと戸惑ったんですよ。

『これがブランクか!!』


って(笑)でも今回はそんな復帰した私にも優しい良いセトリでした。
有近さんの歌声は色気があるんですよねぇ。静かな色気が。
しっとりした感じが心地よいです。ポップなのも爽やかなのも好きですが
一番の魅力はやっぱ色気だと思っていたり。

あと単純に私の好みな楽曲のせいかもしれないですね。
「真夏のゾンビ」はややポップで「宝石を見詰める女」はしっとりした色気で。
「そして今は」とはチラ見えする色気もありますし「Screamin'~」は歌詞が
アダルティな意味が含まれているし。

あと哀愁あるのも好きですね。

そして演奏も本当に素晴らしくて私最前列行くのって演奏してる手元が
見たい、ってのもすごくあったりします。今日はピアノがよく見えた。
ゴロスのリズムの中でもあの黒い棒でのリズム取る時の音とか好き。
あれはなんていうんでしょうね?楽器はもう名前わからないです。
今回は太鼓の音がちょっと違う気がしたけど新しい若い太鼓って言ってたので
そのせいかもしれないですね。なんとなく、ですけどね。違う気がしたのさ。

とにかく素敵だった・・・!のは確かです。そして曲によって私の耳の意識が
どこっかしらに集中されて行くのでバンドとして好きだと目線がいろんなところへ・・・
鶴来さんの曲の時とかピアノが美しい時はつい見ちゃうしゴロスやあの
棒でのカンカンってリズム打つ時とかつい見ちゃうし窪田さんのカッコイイ
ギターが聞こえれば見ちゃうし横山さんのベースが聞こえてくるとそっと後ろを見たり
とまぁ忙しくステージを見ているんですよねぇ。

そしてアンコールではelohimで1曲、カタンさんとのコラボで1曲。
コラボはカタンさんが30曲位ピックアップして訳がわからなくなって
結局選んだのは編曲で有近さんもやってたのでROLLYさんの曲
アニメ「地球防衛家族」の主題歌だった「SAMURAI」のエピソード付きで
これにしましたと。中々凄い・・・・!全く関係ないけどセリフだけが
侍のセリフって言う謎の曲。ROLLYさんらしいと言えばらしいの・・・か?
でもなんとなく聞いたことあった曲でした。

終わってカメラマンさんとちょこっと話したり挨拶したり有近さんと写真撮ってもらったり
鶴来さんとお話したり(前回気づかれていなかったそうでソワレの2F以来って
言われたんだけどそれいつの話・・・!やたら古いですよね!懐かしい~~!)
してCD聞くの楽しみにわくわく終電気にしながら帰ってきました。

そしてリピりながら作業。

↓追記にいくつか動画貼っておきましたのでよければご覧下さいませ。
撮って撮って撮りまくれ


Screamin' peanut vender


Paint It Black


Space Oddity


愛の酸化


そして今は


地球防衛家族の主題歌「SAMURAI」ROLLY

同じカテゴリー(音楽)の記事画像
マークさんの音楽葬へ。
東京女子流@渋公ライブ
Say long goodbye
マークさん、お疲れ様でした。
東京女子流フラゲ渋ツタイベント
女子流ライブ@目白大学
同じカテゴリー(音楽)の記事
 マークさんの音楽葬へ。 (2015-01-22 23:55)
 東京女子流@渋公ライブ (2014-12-20 23:00)
 Say long goodbye (2014-12-12 18:40)
 マークさん、お疲れ様でした。 (2014-12-11 18:58)
 東京女子流フラゲ渋ツタイベント (2014-12-09 19:00)
 女子流ライブ@目白大学 (2014-10-19 18:00)
Posted by ヒユサキ アヅミ at 23:58│Comments(0)音楽
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。