2009年03月31日

エディット・ピアフー愛の讃歌ー

今更ながらやっと見ました。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)


上映してたときから見たかったけど
結局今ですかって時期ですね。
前半は見てたけど後半は見て無くて。
切ないなぁ。
でも凄い強いなぁ。
時代もあるのかもしれないけれど
ここまで自分には「歌がある」「歌しかない」
と言い切れる程の存在があることって
凄く凄くしあわせで凄く辛いことだと思う。

シャンソンは青い部屋に行ってた頃に良く耳にしていて
今は有近さんのバンド、エロヒムでもライブに行けば聞くし
美輪明宏さんのCDでも耳にするし、言葉にパワーが
あるなぁと思いますねぇ。一時の事と云うよりは人生。
だからこそ惹かれるものがあるのかもしれないけれど
弱くも強くもある女性の生き様とかも好き。

「愛の讃歌」の生まれた話とかも聞いていたのもあったから
この映画を見たいとも思ったんだけれどね。
最後まで貫ける大切なことがあると云うのは素敵な事だなぁ。

下記はamazonから引用
Amazon.co.jp
第一次対戦中に生まれたエディットは、祖母が経営する娼館に預けられ、やさしい娼婦たちのもと育った。しかし、大道芸人の父親に引き取られ、その側で歌うことを覚える。これをきっかけに彼女にとって歌は生きがいに。パリの名門クラブのオーナー見いだされその才能を開花させるが、オーナーが死体で発見される。彼女に容疑がかけられ、疑いはすぐに晴れるが、世間の目は厳しかった…。
 フランスが生んだ世界の歌姫エディット・ピアフの生涯を描いたオリヴィエ・ダアン監督作。そのドラマティックな人生はじつに映画的だが、この映画の成功は、その波瀾万丈の人生よりもエディット・ピアフという人物の個性と本質をきっちり描き出したことにほかならない。そのピアフの喜び、孤独、愛、憎しみすべて感情を芝居に注ぎ込んだピアフ役のマリオン・コティヤールは、まるでピアフが乗り移ったかのような魅力的なパフォーマンスで魅了。間違いなくコティヤールの代表作となる!と断言できるくらい素晴らしい。そして名曲の数々をピアフの人生に重ね合わせ、感動を呼び起こす演出も力強く、脇をかためるジェラール・ドパルデュー、エマニエル・セニエなどの役者たちも好演。たった47年でその生涯を閉じたエディット・ピアフ。彼女をよく知る人も知らなかった人も、その人生に心を震わせること間違いない、傑作である。(斎藤香)

内容(「Oricon」データベースより)
愛を求め、愛に傷つき、愛を歌い続けたエディット・ピアフの47年の人生を描いた感動の物語。1915年、フランス・パリの貧困地区で生まれ育ったピアフ。彼女が20歳の時、パリの名門クラブのオーナーであったルイ・ルプレにその才能を見出され、クラブの舞台に立つことになる。殺人の容疑者、恋人の死など、数々の困難に直面しながらも次第に成功を収めていった彼女は、生涯を通じて歌うことは一度もやめなかった…。


少しでも気になったら見て見るのも良いかも。


同じカテゴリー(映画)の記事画像
5つ数えれば君の夢 BD届いた!
マダム・マーマレードの異常な謎
おとぎ話みたい
学校の怪談-呪いの言霊-
5つ数えれば君の夢
舟を編む
同じカテゴリー(映画)の記事
 5つ数えれば君の夢 BD届いた! (2015-01-05 22:36)
 マダム・マーマレードの異常な謎 (2014-12-22 23:43)
 おとぎ話みたい (2014-12-10 01:51)
 学校の怪談-呪いの言霊- (2014-05-27 23:55)
 5つ数えれば君の夢 (2014-03-11 23:54)
 舟を編む (2014-01-29 23:57)
Posted by ヒユサキ アヅミ at 18:35│Comments(6)映画
この記事へのコメント
シャンソン、小難しいことはわかりませんw
ただジャンルにはこだわらず、聴いて好きならOKでお馴染みのsaizoです。

唯一クミコのCDは買いました。地元でコンサートがあったので行きました。クミコ版の「愛の賛歌」もあるので、もしよろしかったら、どぞ。
「わが麗しの恋物語」が有名かも。「幽霊」って曲も好き。
Posted by saizo at 2009年04月01日 12:02
エディット・ピアフとエビピラフで、なんか面白いことできそうだが、思いつきません!w
Posted by saizo at 2009年04月01日 12:05
何気にピアフのCDを何枚も持っているのです。
しかもそのうちの数枚が輸入盤です。

時々無性に聴きたくなるのです。
Posted by M☆S at 2009年04月02日 00:42
saizo さん
同じです同じです。ジャンルは人に音のニュアンス伝える
カテゴリーなだけです。好きならokは当たり前♪
クミコですかー。ちゃんと聞いたことないですねぇ。
「拝啓、越路吹雪様」ってコンピは中々良いので好きです。
T.V.JESUSってグラムロックデュオが収録されているので
買ったんですがエレクトリックグラスバルーンの「イカルスの星」
が最高にカッコイイアレンジでお気に入りです。ロック!
小島麻由美「ろくでなし」も同じみナンバーですね。
「わが麗しの恋物語」は聞いたことあると思います。
新春シャンソンショウでフランス語で歌う日本人女性とかも
みたのですがやっぱカッコイイですねー!
ソウルフル…!!!
Posted by ヒユサキ アヅミヒユサキ アヅミ at 2009年04月03日 01:39
おちゃめなsaizo さん(笑)
それはオシイ!
早口言葉作れば良かったのに!と思ったw
Posted by ヒユサキ アヅミヒユサキ アヅミ at 2009年04月03日 01:40
M☆S さん
嗚呼こうゆうのもお好きなのですね〜〜〜。
なんかこー、一人まどろむ事の出来る曲が
お好きなのでしょうか??
輸入版って日本語訳がないとかあるけど安価だったり
作りが良かったりすることもありますよね。
Posted by ヒユサキ アヅミヒユサキ アヅミ at 2009年04月03日 01:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。