2012年12月27日

持っていくのに箸袋を作りましたよ。



間があいて作った箸袋1,2作目はとてもじゃないけどお見せできずw
な出来になってしまいまして(笑)祖母宅へ行くのに予備として1袋多く
4袋作ってみました。

うーん、幅飛び出しちゃったり(これはこれで結構好きなバランスなんですけどね)
余り綺麗に広がらなかったりと気になりますが・・・・

正方形の紙を折るだけなので小さい子とかと一緒に作るのも楽しいかもしれないですね。
頂いたこの神は和紙みたいですので適度なお値段の(今なら長方形のカラー和紙って
素敵なの100均にもありますよね。←布紙マニアなんでサーセン)和紙なんかで本番
練習は安い折り紙で!なんてしたら毎年手作りの箸袋でひょっとしたら毎年グレードアップ
なんてこともありそうですね!
自分では自分の家族(こー子供が居て的な)て想像がつかないしないわーw
てか無理なんですが(笑)そうゆう楽しみがあるのっていいかもしれないなーなんて
思ったりしましたよ。多分ね、自分に子供が居たら確実に学校では教えてくれない事を
色々一緒に楽しく学んでいくんじゃないかなーて思います。

ほら、こうゆう伝統だったり何気なくやっていた事にも意味があるのよ、とか
お着物だったりね。完全女の子前提ですけど。

自分が子供じゃぁ全然無理なんでアレですけど(痛いのもやだしー)
周りの友達とか知り合いの子持ちさんには是非こうゆう面白い事やって
昔から続くことに触れてもらえたら凄くいいなーなんて思うのでした。

http://blog.oshogatsu.jp/

上記のブログにこの箸袋の作り方があります。

最初に△にかるーく中央辺りに折り目を気持ち適度つけて最初の1の折は
ここまで、2の折は1のときの先端が折れてもいいので箸袋の幅決めなので
半分よりも向こうまで。このバランス幅が大事です!結構。変にずれると左右の
重なりの時に着物のえりの部分がずれるようなそんな気持ち悪さを感じちゃいますw
そうすると待機状態の半分を中央部分で折るときに(合わせやすいように一度外に
開くように折ったほうが綺麗にできますよ!)上記で言ってた位置がスッキリか
気持ち悪さが残るかがわかります。特に頂いた紙が縁だけラインがあるので一層!
練習にもこれをいれると目安になるのかも??
あとは扇形に織り込むのは慣れです。練習しかないですね。

こうゆうのも手先が器用な日本人ならではな華やかさだなぁと思いますね。
あとは是非買ってきた祝い箸を手作り箸袋に入れて使いましょ!

嗚呼、和紙いいよね・・・・和紙。
半紙みたいな身近な(学校行ってなきゃ身近じゃないけど)ものから
千代紙的な可愛い柄のものとか手漉きのものとか胸キュン。

なんだかんだで和モノって魅力満載だと思うのです。

最近また日本神話とか読みたい波が来てますよぅ。
神様と名前の一致が難しいけど面白いですよね。
ずっと都内の私は田舎がこんな伝説あるよ、とか聞くと羨ましい限りです。

ひっそり、因幡の白兎が宇宙人説にもニヤニヤしてます。
とか言うと折角いいとこ言っても崩壊しますねw(´∀`*)ウフフ
それが私です。

さて、そろそろ出掛けてきますね!  

Posted by ヒユサキ アヅミ at 12:44Comments(0)ニッキ