2012年12月13日

【映画】北のカナリアたち 観てきました。





気になってたけど映画館に行く予定ではなかったけど
祖母が見たいと言ってたので一緒に
「北のカナリアたち」を観に行ってきました~。

あおいちゃん出てるしー特番見てて気になったしー。
あの特番は見せ場は見せているけど肝心の部分は
伏せてたし回想させながら進む(少しづつ謎が紐解かれる)
映画の見せ方も良かったですねぇ。
切なくも良い映画でしたね。やはりホロリとしてしまいました。

立て続けに予定があって気力がぷっつりと来てて
UPしたいけど出来ないことだらけです・・・


ミステリーものは大好物なのでとてもその面でも楽しめました。

色々な所が進むたびに「嗚呼!」とか「ナルホド!」と
なるのは見ていてニヤリと出来る良い出来だと思います。
あと配役も良いと思いますね。

子役が歌声重視で選んだとありましたが大人の役者さんたちとの
照らし合わせ、これも巧いと思います。
人気の若手で若い客層を呼び、主演の吉永小百合さんで年配層を
呼ぶ事が出来る、という面でも素晴らしいんじゃないでしょうかね。

年代問わずこの手のスタイルの物語やスタイルが好きなら
良いと思えるはずです。が、若干体感として長い印象でした。

少し削っても良い余韻があるのかもしれないですね。
日本映画スタイルとしてなら。
(この余韻が多いのが割とフランス映画ですよね。個人的印象ですが)

それもまたその時間がまた大事でもあるとは思いますけどね。
たっぷりこの間を取らなくてもいいんじゃない?が必要であることはある。
多分このストーリーでなら小説で言う白紙ページ部分を入れたかったの
かなぁと言う気がしてしまうのですよね。
でその区切りが割と大切だったりする気が。

そんな訳でその日はたっぷりと祖母とお出かけって感じでした。

今夜は流星群がありますが寒くてとてもじゃないけど外出れん。  
Posted by ヒユサキ アヅミ at 23:43Comments(0)映画