2011年05月10日

レイトン教授と永遠の歌姫


レイトンの映画版見ましたーーー。
って実況状態でUPってましたがゲームのアニメーションが
元々DSの割には凄く良かったのもあってそれが自然な形で
アニメーション映画になったって印象でした。

ただ映画なので時間が限られている・・・という点でナゾ解きの少なさは
ちょっと残念ではありましたね・・・・

基本的な流れとしてはゲームと同じスタイルでこれはオリジナルが
好きなファンにとっても凄く好感持てる形で作られてたと思います。

あと、ナックスのメンバーがガヤっぽいのでどれが誰だかは
さっぱりわからなかったですねーwww
渡部さんが思ったよりも声が若い印象で普通に役者さんとして
見てる時とは違った印象になったのはビックリでした。

水樹奈々に関しては凄く歌姫として推してる印象でした。
役としても本人にしても。そこは違和感はないので良かったかと。

ゲームのナゾ解きが多数あってゆく手を阻まれる~の部分が
大分省略、必要最低限になった印象ですが映画ならこの程度かな?
と言う感じでまぁ良しなレベルですがやっぱ物足りない。
そしてゲームがしたくなります。

良かったのはゲーム中の音楽が凄く良いのだけどこれも健在。
そこが凄く良かった。ニヤニヤしちゃったじゃないの!w

そんな感じでしたねー。クォリティは高い作品だと思いますよ。




さて、ゲームの方ですが・・・

3DSでの新作ですが・・・・・3DSでしか出来ないガッカリ。
そして大泉さんが試しにやってる動画があってみたんですが
「あれ?これ、奥行きが邪魔だなぁ~」と言ってたんですが
これ実際店頭で手にしてみて私も思ったんだぜwwwww
切り替えスイッチがあるのでオンオフ出来るんだけど多分
3DSを手にする事があったとしたら私はほぼ確実にオフだなw

3Dとか別に興味がないんだもんwwwwwwwwwwww
見やすいかどうかって感じでねぇ~~~。




  
Posted by ヒユサキ アヅミ at 22:48Comments(0)映画